img

ねがい
~富士の麓でわが道をデザインする~

基調講演
鈴木 秀子 氏
聖心女子大学キリスト教文化研究所

朗読座公演 朗読+トーク×音楽
紺野 美沙子 氏・中村 由利子 氏

講演
向井 亜紀 氏
~がんと向き合う 自分の身体と時間を大切に~
(一般公開 入場無料)

鼎談
山崎 章郎 氏 他2名
ケアタウン小平クリニック院長

分科会・部会

映画「ピア」上映
(一般公開 入場無料)

シンポジウム
ワークショップ等
多数企画中
(一部一般公開 入場無料)

ポスターセッション



ねがい

~富士の麓でわが道をデザインする~


基調講演
鈴木 秀子 氏
聖心女子大学キリスト教文化研究所

朗読座公演 朗読+トーク×音楽
紺野 美沙子 氏・中村 由利子 氏

講演
向井 亜紀 氏
~がんと向き合う 自分の身体と時間を大切に~
(一般公開 入場無料)

鼎談
山崎 章郎 氏 他2名
ケアタウン小平クリニック院長



分科会・部会


映画「ピア」上映
(一般公開 入場無料)


シンポジウム
ワークショップ等
多数企画中
(一部一般公開 入場無料)


ポスターセッション

日程

 ● 令和元年12月14日(土)~12月15日(日)

場所

 ● ハイランドリゾートホテル&スパ
 ● ふじさんホール(富士吉田市民会館)


詳細





【開催趣旨】
  全国大会に寄せて
大会長 鷲見 よしみ

 第26回日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会が山梨の地で開催されることになりました。 本大会は第9回山梨県介護支援専門員協会地域支部連携研究大会、日本介護支援専門員協会甲信越ブロック研修会と同時開催となります。
 療養生活となった方や疾病と付き合いながら生活する方々もいつまでも住み慣れた地域での生活を継続できるよう地域包括ケアシステムの構築が求められていますが、 医療・介護の連携や継続可能な多職種協働によるエンドオブライフまでの支援体制の整備が課題となっています。 さらに増加する認知症高齢者への対応は高齢者医療の中でも喫緊の課題です。
 2018年に改訂された厚生労働省による「人生の最終段階における医療の決定のプロセスに関するガイドライン」には、アドバンス・ケア・プランニングの概念が盛り込まれています。また、「人生の最終段階の治療・療養について患者家族と医療従事者があらかじめ話し合う自発的なプロセス」と示されています。そこでは本人だけではなく家族や信頼できる人々、医療従事者とともに話し合うことが望ましいとされていますが、なかなか本人家族までがその意識を持つに至っていない現状が多くみられます。
 生き方に寄り添おうとする地域での看取りは、とても温かい光景です。しかし、「どう生きたいか」と問われても「どのように死にたいか」といわれても今までに直面してこなかったことを急に言われても考えることができない、もともと考えるのは苦手といった現実に本人の選択をどう支えるのかが問われます。また、「適切な医療」をどう考えるかは、様々な迷いや混乱の中で試行錯誤が多いと感じます。人生の最終段階をどう生きるか多様な在り方のある中で、かかわる人々に本人の意図することが届いているだろうか、今起きていることを正しく知り反応できるだろうかという問いや「今はこう感じる」を大切にしたいと考え、大会のテーマは「富士の麓でわが道をデザインする」としました。多くの療養する方々の「意思の決定支援」について、日常の暮らしに根付き考える環境をどう整えていくかを医療に携わる方々、人権、介護・福祉に関わる方々、そして当事者いろんな立場の方と「市民として」議論したいと思います。
 「市民として考える」をベースに多くの方々が参加できるように生活者の立場から多くの企画を考えました。この課題ついて視野の広がった議論ができることを期待しています。雄大な富士のもと凛とした空気の中で心行くまで熱く語ってください。
 多くの方々のご参加お持ちしています。
令和元年7月

主 催 : 日本ホスピス・在宅ケア研究会
      山梨県介護支援専門員協会実行委員会
共 催 : 公益財団法人 勇美記念財団
      一般社団法人 日本介護支援専門員協会
後 援(予定): 山梨県、山梨県社会福祉協議会、山梨県医師会、山梨県歯科医師会、山梨県薬剤師会、山梨県看護協会、山梨県理学療法士会、山梨県作業療法士会、山梨県言語聴覚士会、山梨県社会福祉士会、山梨県介護福祉士会、山梨県医療社会事業協会、山梨県歯科衛生士会、山梨県栄養士会、山梨県鍼灸師会、山梨県東洋療法師会、山梨県柔道整復師会、山梨県精神保健福祉士協会、山梨県老人福祉施設協議会、山梨県老人保健施設協議会、日本認知症グループホーム協会山梨県支部、山梨県老人クラブ連合会、認知症の人と家族の会山梨県支部、山梨日日新聞 山梨放送、テレビ山梨、富士吉田市等

【テーマ】
「 ね が い 」
~富士の麓で我が道をデザインする~

【会 期】
令和元年 12月14日(土)~12月15日(日)

【会 場】
富士急ハイランドリゾートホテル&スパ
 住所:山梨県富士吉田市新西原5-6-1
 電話:0555-22-1000
富士吉田市民会館
 住所: 山梨県富士吉田市緑ヶ丘2-5-23
 電話: 0555-23-3100

【定 員】
1,500人

【参加費】
事前登録 5,000円  当日登録 7,000円

【抄録集】
1部:1,000円
(当日会場でも販売しますが、準備数に到達次第終了となります。)

【お食事】
富士吉田市民会館においては、お弁当1食:1,100円で準備 致します。(事前申し込みお願いします。)
ハイランドリゾートにおいてはホテル内レストラン等をご利用下さい。

【懇親会】
18:30~20:30の開催で、会費は6,000円です。

【日 程】
別紙参照

【お申込み】
事前登録の申し込み期限は、11月15日(金)です。
当ホームページからの申込みになります。

宿泊申し込みにつきましては、只今準備中です。8月下旬頃受付を開始する予定です。

【お問合わせ】
一般社団法人 山梨県介護支援専門員協会 事務局
〒400-0047 山梨県甲府市徳行5-13-5  山梨県医師会館1階
TEL:055-222-1661  FAX:055-222-1671
E-mail:  yamanashi-cma@hop.ocn.ne.jp





 第26回日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会in山梨、第9回地域支部連携研究大会、甲信越ブロック研修会において、日頃の活動、実践、研究の発表をご希望の方は下記の要項に従ってお申し込みください。

発表の基準:がん・非がんや療養・生活場所を問わず、ホスピス・緩和ケアに関係した発表
      専門職・市民・患者が対等目線で話し合い、学び合うための発表。

■応募資格
発表の基準にかなっているものであれば、どなたでも応募できます。
日ごろの活動や研究の要綱に従って応募ください。
・発表形式は口演発表、またはポスター発表となります。
・発表時間、発表方法についての詳細は、決定後お知らせします。
■応募テーマ
1)ACP及び意思決定支援に関するもの
2)ホスピス緩和ケア・在宅ケアを支える各地域の「ネットワーク」や「組織」の紹介
地域の「ネットワーク」や「組織」には医療・介護分野の専門職種ネットワーク(職種内・多職種間・地域内の連携ネットワーク)はもとより、ボランティア組織・患者・市民団体・がんサロンなど「生老病死」を支えるあらゆるものが含まれます。ぜひ全国の皆様にご紹介ください。
3)その他のホスピス・在宅ケアに関するもの
1.在宅ホスピス・緩和ケア 2.施設ホスピス・緩和ケア  3.家族ケア 4.遺族ケア 5患者会 6.スピリチュアルケア 7.宗教 8.バイオエシックス 9.症状コントロール 10.音楽療法 11.コミュニケーション 12.介護保険 13.自立支援 14.社会的援助 15.介護・福祉 16.認知症 17.デスエデュケーション 18.チームアプローチ 19.ボランティア 20.教育一般 21.代替療法 22.看取り 23.死生観 24.地域ケア(在宅医療、訪問看護) 25.その他ホスピス・緩和ケア領域における今日的・近未来的テーマ

《演題の申込要項》
1.演 題 申 込 締 切:令和元年9月10日(火)必着 ※令和元年9月末日必着に延長します。
2.応 募 資 格    :応募はどなたでもできます。(研究会への入会をお勧めします)
3.パワーポイント資料提出:令和元年10月31日(木)必着(使用者のみ)
4.演 題 申 込 方 法:演題の申し込みの受付は原則としてE-mailのみとさせて頂きます。
抄録の作成
1.テンプレート(記入様式)を山梨県介護支援専門員協会のホームページからダウンロードし作成してください。
2.本文は1200字以内で、1ページに収まるようにお願いします。
3.ワードで作成してください。記入方法はテンプレートに説明がありますのでご覧ください。
4.上記の要領で作成した抄録を、下記事務局までご送信ください。
5.抄録を受領いたしましたら、受領した旨をE-mailかFAXで通知いたします。(手動)
6.演題の採否及び発表方法の詳細は、9月下旬までに申し込み住所に郵送いたします。



【お問合わせ】
一般社団法人 山梨県介護支援専門員協会 事務局
〒400-0047 山梨県甲府市徳行5-13-5  山梨県医師会館1階
TEL:055-222-1661  FAX:055-222-1671
E-mail:  yamanashi-cma@hop.ocn.ne.jp



  全国大会に寄せて
大会長 鷲見 よしみ

 第26回日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会が山梨の地で開催されることになりました。 本大会は第9回山梨県介護支援専門員協会地域支部連携研究大会、日本介護支援専門員協会甲信越ブロック研修会と同時開催となります。
 療養生活となった方や疾病と付き合いながら生活する方々もいつまでも住み慣れた地域での生活を継続できるよう地域包括ケアシステムの構築が求められていますが、 医療・介護の連携や継続可能な多職種協働によるエンドオブライフまでの支援体制の整備が課題となっています。 さらに増加する認知症高齢者への対応は高齢者医療の中でも喫緊の課題です。
 2018年に改訂された厚生労働省による「人生の最終段階における医療の決定のプロセスに関するガイドライン」には、アドバンス・ケア・プランニングの概念が盛り込まれています。 また、「人生の最終段階の治療・療養について患者家族と医療従事者があらかじめ話し合う自発的なプロセス」と示されています。 そこでは本人だけではなく家族や信頼できる人々、医療従事者とともに話し合うことが望ましいとされていますが、なかなか本人家族までがその意識を持つに至っていない現状が多くみられます。
 生き方に寄り添おうとする地域での看取りは、とても温かい光景です。 しかし、「どう生きたいか」と問われても「どのように死にたいか」といわれても今までに直面してこなかったことを急に言われても考えることができない、もともと考えるのは苦手といった現実に本人の選択をどう支えるのかが問われます。 また、「適切な医療」をどう考えるかは、様々な迷いや混乱の中で試行錯誤が多いと感じます。人生の最終段階をどう生きるか多様な在り方のある中で、かかわる人々に本人の意図することが届いているだろうか、今起きていることを正しく知り反応できるだろうかという問いや「今はこう感じる」を大切にしたいと考え、大会のテーマは「富士の麓でわが道をデザインする」としました。多くの療養する方々の「意思の決定支援」について、日常の暮らしに根付き考える環境をどう整えていくかを医療に携わる方々、人権、介護・福祉に関わる方々、そして当事者いろんな立場の方と「市民として」議論したいと思います。
 「市民として考える」をベースに多くの方々が参加できるように生活者の立場から多くの企画を考えました。この課題ついて視野の広がった議論ができることを期待しています。 雄大な富士のもと凛とした空気の中で心行くまで熱く語ってください。 多くの方々のご参加お持ちしています。
令和元年7月


掲載場所:第26回日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会in山梨
     第9回山梨県介護支援専門員協会地域支部連携研究大会
     日本介護支援専門員協会甲信越ブロック研修会      大会誌
日 時 :令和元年年12月14日(土)~12月15日(日)
会 場 :富士急ハイランドリゾートホテル&スパ
     富士吉田市民会館
配布数 :2,500刷(予定)

広告のサイズは以下のサイズでお願い致します。(B5サイズとなります)
 1.サイズ横:B5の1/8サイズ(縦51.5mm×横73mm)  10,000円
 2.サイズ縦:B5の1/4サイズ(縦108mm×横73mm)   26,000円
 3.サイズ横:B5の1/2サイズ(縦108mm×横151mm)  50,000円
 4.B5一面 :B5 1/1サイズ(縦221mm×横151mm)  100,000円
 5.抄録集表紙裏 1/1サイズ(縦221mm×横151mm)  200,000円
 6.抄録集背表紙裏1/1サイズ(縦221mm×横151mm)  200,000円
 7.抄録集背表紙 1/1サイズ(縦221mm×横151mm)  300,000円

白黒印刷になります。
・別紙「広告協賛申込書」を、令和元年8月30日(金)までに 山梨県介護支援専門員協会事務局宛にFAXにて送付ください。また、広告原稿データを下記Eメールにて令和元年9月20日(金)まで に事務局へ送信願います。
※受付を延長します。令和元年9月末日までに山梨県介護支援専門員協会事務局宛にFAXにて送付ください。
・原稿は、内容を確認後一部修正又は掲載をお断りさせていただく場合があります。
・協賛金につきましては、広告掲載後に請求書をお送りしますので指定口座にお振込み下さい。
・ページに限りがありますので、応募多数の場合は先着順とさせていただきます。予めご了承ください。


【お問合わせ】
一般社団法人 山梨県介護支援専門員協会 事務局
担当:中山 清水 茂木 柳原
〒400-0047 山梨県甲府市徳行5-13-5  山梨県医師会館1階
TEL:055-222-1661  FAX:055-222-1671
E-mail:  yamanashi-cma@hop.ocn.ne.jp



 謹啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 日本ホスピス・在宅ケア研究会及び山梨県介護支援専門員協会に対して、日頃より多大なるご理解・ご支援を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、このたび私共は、第26回日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会を山梨県で行うこととなりました。山梨県介護支援専門員協会との合同企画となります。
 日本ホスピス・在宅ケア研究会は現在会員数約1000余名を有する規模の研究会です。参加者は約1500名を予定しております。医療職・福祉関係者・一般市民・学生・行政担当者等の参加が予想されております。
 つきましては、本大会がより実り多いものとなりますよう、日頃よりお世話になっております貴社にぜひともご出展いただきたく、以下のとおりご案内申し上げます。
 ご多忙中の折、お手数をお掛けいたしますが、何卒よろしくご検討いただけますよう 重ねてお願い申し上げます。
謹白


・出展場所  :富士急ハイランドリゾートホテル&スパ
・日 時   :令和元年年12月14日(土)~12月15日(日)
・展示物撤去日:令和元年12月15日(日)17:00~18:00
・出展料金  :1小間 50,000円(複数口可能)
・出展小間  :1.8m
会場スペース等の関係上、ご用意する長テーブルは1本とさせていただきますこと、ご了承願います。
・費用負担  :以下の事項に関しては出展者側の費用負担としていただきます。
        ・出展物、資料、パネルその他の準備に関わる費用
        ・出展物、資料その他の販有・搬出及び小間内の装飾に関わる費用
        ・準備時などによる移動宿泊費
        ・出展物などによる対人障害への賠償費用
        ・ゴミなどの処分費用 など
・出展者受付 :12月14日に会場受付にて到着後速やかに行ってください。
・出展物配送 :会場への荷物の配送については各自で運搬をお願いいたします。
        1日目の駐車場については、直接会場であるハイランドリゾートホテル&スパ(TEL 0555-22-1000)に確認願います。
・出展にあたっての注意事項:
  ①主催者は準備から撤去までの全機関について大会及び分科会の保全に務めますが、
   展示品の破損、紛失、盗難などに関する責任は負いません。
  ②主催者は天災その他の不可抗力の原因により会期を変更、又は開催の中止をする場合があります。
   また、主催者が事前に中止を決定した場合は、各出展者において発生した経費を
   お支払いすることはできませんので、ご了承ください。
  ③展示スペース内の調和を保つため、隣接する出展者の迷惑となるような装飾はご遠慮ください。
  ④展示場では、現金またはその他の手段による直接販売の提供はできません。
  ⑤出展者は表示する看板(プレート)等は各出展者において準備し設置してください。
  ⑥会場内は、禁煙としますので、喫煙コーナーをご利用ください。
  ⑦小間内への電気供給を必要な場合は、電工ドラム及び延長コードで引く形となりますので、
   各出展者にて準備ください。
  ⑧出展の変更・取り消しについては速やかに事務局までご連絡をお願いします。

・出展申込期限:令和元年9月末日
・料金振込期限:令和元年11月末日
・出展料支払い:銀行振込にて御願いします。
        大会事務局よりお申し込み後に請求書をご送付申し上げます。


【お問合わせ】
一般社団法人 山梨県介護支援専門員協会 事務局
担当:中山 清水 茂木 柳原
〒400-0047 山梨県甲府市徳行5-13-5  山梨県医師会館1階
TEL:055-222-1661  FAX:055-222-1671
E-mail:  yamanashi-cma@hop.ocn.ne.jp




 11/6 内容を更新しました。


【お問合わせ】
一般社団法人 山梨県介護支援専門員協会 事務局
担当:中山 清水 茂木 柳原
〒400-0047 山梨県甲府市徳行5-13-5  山梨県医師会館1階
TEL:055-222-1661  FAX:055-222-1671
E-mail:  yamanashi-cma@hop.ocn.ne.jp




 準備中です。






ハイランドリゾートホテル&スパ
住所:〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原5丁目6−1
TEL:0555-22-1000

ふじさんホール(富士吉田市民会館)
住所:〒403-0013 山梨県富士吉田市緑ケ丘2丁目5−23
TEL:0555-23-3100


【当日、ハイランドリゾートホテル&スパ⇔ふじさんホール(富士吉田市民会館)のシャトルバス】
●専用シャトルバスを運行致します。
ハイランドリゾートホテル&スパ⇔ふじさんホール シャトルバス
12月14日(土) ハイランドリゾートホテル&スパ【10:00発(30分間隔で17:00最終)】⇔ふじさんホール【10:15発(30分間隔で17:45最終)】
12月15日(日) ハイランドリゾートホテル&スパ【9:00発(30分間隔で15:00最終)】⇔ふじさんホール【9:15発(30分間隔で15:45最終)】
●ふじさんホールの駐車場が少ないので、ハイランドリゾートホテル&スパの駐車場を利用しシャトルバスをご利用ください。

【羽田空港をご利用の場合のご案内】
●空港から高速バスを利用(①又は②)
 ①空港からリムジンバスで新宿駅、新宿から電車または高速バスを利用
 ②羽田空港~富士五湖高速バスを利用

【新幹線をご利用の場合のご案内】
●三島駅または新富士駅より高速バスを利用

【電車線をご利用の場合のご案内】
●JR中央本線―大月駅―富士急行―富士急ハイランド駅

【車をご利用の場合のご案内】
●車をご利用の場合:中央自動車道―大月JCT―河口湖インター

【高速バス・路線バスをご利用の場合のご案内】
●バスタ新宿~富士五湖高速バスの案内はこちら
●横浜駅西口~富士五湖高速バスの案内はこちら
●東海道新幹線新富士駅~富士五湖路線バスの案内はこちら
●東海道新幹線三島駅~富士五湖路線バスの案内はこちら
●名古屋~富士五湖高速バスの案内はこちら
●大阪市内・京都駅~富士五湖夜行高速バスの案内はこちら
●羽田空港~富士五湖高速バスの案内はこちら





一般公開 映画「ピア」】
公式ホームページをご覧ください。
http://peer-movie.com/

一般公開 シンポジウム「山梨の看取り」】
詳細情報は今しばらくお待ちください。

一般公開 講演 向井亜紀氏「がんと向き合う自分の身体と時間を大切に」】
向井 亜紀 氏 プロフィール
1964年埼玉県生まれ。日本女子大学在学中、ラジオ番組のDJとして人気を集め、以後テレビ・ラジオ・エッセー執筆・全国での講演会などで幅広く活動。
1994年、格闘家の高田延彦(たかだ のぶひこ)と結婚。
2000年、妊娠するも子宮頚がんによる子宮全摘出で、16週の小さな命を失う。
2003年、米国での代理出産により双子の男子を授かる。
現在はテレビ番組「朝だ!生です旅サラダ」の司会を務め、毎週土曜日の朝に素敵な旅の情報をお茶の間に伝えている。
2012年には、夫 高田延彦とともに「プラチナ夫婦アワード」を受賞。
また、高田とともに全国各地で100回以上開催している子供向け体育教室『高田道場ダイヤモンドキッズカレッジ』ではMCとして参加し、のべ20,000人以上の子ども達に身体を動かす楽しさを伝えている。


生年月日 1964年11月3日
本名   髙田亜紀
出身地  埼玉県さいたま市
血液型  A型
趣味   グルメ・サイエンス・健康に関すること

代表作品
<テレビ> テレビ朝日系「朝だ!生です旅サラダ」

<ラジオ>  文化放送「ミスDJリクエストパレード」

<著 書> 「16週~あなたといた幸せな時間」(扶桑社)
      「プロポーズ 私たちの子どもを産んでください」(マガジンハウス)
      「会いたかった 代理母出産という選択」(幻冬舎)
      「家族未満 代理出産“最高裁判決”までの道のり」(小学館)


【お問合わせ】
一般社団法人 山梨県介護支援専門員協会 事務局
〒400-0047 山梨県甲府市徳行5-13-5  山梨県医師会館1階
TEL:055-222-1661  FAX:055-222-1671
E-mail:  yamanashi-cma@hop.ocn.ne.jp



12月14日(土)会費6,000円 18:00~ ハイランドリゾートホテル&スパ
※希望される場合は、上記大会参加申込みより事前申込みを行ってください。


【大会内容のお問合わせ】
一般社団法人 山梨県介護支援専門員協会 事務局
〒400-0047 山梨県甲府市徳行5-13-5  山梨県医師会館1階
TEL:055-222-1661  FAX:055-222-1671
E-mail:  yamanashi-cma@hop.ocn.ne.jp
【お申込み方法・決済等のお問合わせ】
富士急トラベル株式会社 富士吉田都留支店
担当 勝俣
〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田2-5-1  Q-STA 2階
TEL:0555-21-1052 FAX:0555-23-4309
E-mail:  ks-event@fujikyu-travel.co.jp



【主催】
日本ホスピス・在宅ケア研究会
山梨県介護支援専門員教会大会実行委員会

【共催】
在宅医療助成 勇美記念財団
日本介護支援専門員協会
長野県介護支援専門員協会
新潟県介護支援専門員協会

【大会長】
鷲見 よしみ

【実行委員長】
宮下 貴文

【副実行委員長】
茄子川 修
伊藤 清子



 大会参加・お弁当・抄録集のお申込みがそれぞれ分かれておりますので、希望される方はそれぞれお申込み操作をお願い致します。


【大会参加申込み(決済~当日の流れはこちら)】
事前申込み お一人様あたり5,000円
(当日申込み お一人様あたり7,000円)
併せて下記申込みも出来ます。
 ●入場制限あり 紺野美沙子朗読
  入場制限あり スピリチュアル 瞑想法
 ●懇親会
時間等の詳細は、下記大会スケジュール表をご覧ください。
  ※コンビニ決済は手数料お一人様あたり100円掛かります。


【当日のお弁当申込み(決済~当日の流れはこちら)】
ひとつあたり1,100円
(事前申込みのみ)
お弁当はふじさんホール(富士吉田市民会館)でのご用意となります。
12月14日・15日、両日の申込みも、どちらかの日にちのみのお申込みも出来ます。
  ※クレジットカード又はコンビニ決済でお選びいただけます。決済は手数料はございません。


1冊あたり1,000円
(当日販売あり。数に限りがございます。)
※日本ホスピス・在宅ケア研究会A(正)会員の方は研究会から大会前に抄録集が1冊送付されます。
  ※クレジットカード又はコンビニ決済でお選びいただけます。決済は手数料はございません。


【大会内容のお問合わせ】
一般社団法人 山梨県介護支援専門員協会 事務局
〒400-0047 山梨県甲府市徳行5-13-5  山梨県医師会館1階
TEL:055-222-1661  FAX:055-222-1671
E-mail:  yamanashi-cma@hop.ocn.ne.jp
【お申込み方法・決済等のお問合わせ】
富士急トラベル株式会社 富士吉田支店
平日10:00~17:00(土曜・日曜・祝日・年末年始休業)
〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田2-5-1  Q-STA 2階
TEL:0555-21-1052 FAX:0555-23-4309
E-mail:  ks-event@fujikyu-travel.co.jp



専用宿泊プランをご用意いたしました。送迎付プラン等、便利なプランとなっております。

↓こちら↓



専用日帰りツアーをご用意いたしました。世界遺産・山中湖(富士山の構成資産)の富士山ビュースポットへご案内いたします。(ツアー代金おひとり様あたり2,500円)

↓こちら↓





【宿泊のお問合わせ】
富士急トラベル株式会社 富士吉田支店
平日10:00~17:00(土曜・日曜・祝日・年末年始休業)
〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田2-5-1  Q-STA 2階
TEL:0555-21-1052 FAX:0555-23-4309
E-mail:  ks-event@fujikyu-travel.co.jp