•  HOME
  • 第11回富士山一周ドリームウオーク 第6ステージツアーレポート
[更新日]: 2016年03月15日

第11回富士山一周ドリームウオーク 第6ステージツアーレポート

第11回富士山一周ドリームウオーク 第6ステージツアーレポート
参加者累計7万9000人突破! 御殿場~裾野約10キロを歩いた第6ステージ

 1年半かけて富士山の周りを歩く「富士山一周ドリームウォーク」、3月は5日(土)と8日(火)に実施しました!


photo1

 第11回ドリームウォークもいよいよ第6ステージ。全体の3分の1までやってきました。今回は静岡県御殿場市にある御殿場高原時之栖から裾野市・小柄沢緑地を目指す約10.1キロ(※)のコースです。※参加者の皆様の安全を考え、当初ご案内のコースより少し距離が長くなりました

photo1


大好評! ウォーキング川柳

 開会式では、恒例となったウォーキング川柳の結果を発表しました! 2月は124名計176票の川柳を投票頂き、その中からスタッフ16人で最優秀賞1作品、優秀賞2作品、特別賞1作品を選出しました。

photo1


特別賞

特別賞

優秀賞

優秀賞

最優秀賞

おっギャルがいた

帽子取ったら

同世代

雪化粧

富士の美白が

うらやまし

休火山

長く続ける

富士と妻

1人いない

隣の班に

並んでた (84歳の我が夫)

くたびれた

女房に追われ

歩き出す

斎藤眞弓さん

宮下光代さん

鈴木洋一さん

永野尹久子さん

小澤章宏さん



 最優秀賞に選ばれたのは、富士からお越しの小澤章宏さんでした。おめでとうございます!

photo1


 賞品として、最優秀賞の方には5000円分、優秀賞の方には3000円分の旅行券、特別賞の方にはフジヤマクッキーが贈られました。

photo1


 優秀賞の永野尹久子さんは、川柳で紹介していた84歳の夫と今月も仲良く2人で参加です。ドリームウォークは1人で参加して友人を増やしていく方も多いですが、最優秀賞の小澤さんや優秀賞の永野さんのように、ご夫婦で参加されている方々もたくさんいます

約1800体のお地蔵様が並ぶ「ありがた山」

 ウォーキング川柳の表彰と準備体操が終わり、いよいよウォーキングのスタートです!

photo1

photo1

photo1


 スタート直後に向かうのが、御殿場高原時之栖の敷地内にある「ありがた山」です。山腹に、中国福健省から集めた約1800体のお地蔵様が並んでいました。

photo1

photo1

photo1

 ありがた山の山頂は御殿場市の「富士見十景」にも選ばれた富士山ビューポイントなのですが、3月は残念ながら両日ともに曇り空。富士山と河津桜との共演は来年以降に期待します。

photo1

photo1

photo1

photo1

 昼食場所は裾野市民文化センターです。芝生の上で、天神屋さんのお弁当を頂きました。

photo1

photo1

photo1

photo1


 五竜の滝と「すそのんまんじゅう」

 午後は、中央公園を経由して裾野市の小柄沢緑地を目指します。

photo1

photo1


 裾野市民文化センターから中央公園に向かう途中、静岡県を流れる一級河川「黄瀬川」沿いを歩きました。

photo1

photo1

 黄瀬川には、過去の富士山噴火で流れた「三島溶岩」が残っています。多くの亀裂やすき間があるのが特徴で、歩きながら溶岩に見入っている方が何名かいました

photo1

 中央公園に到着すると、今月のおもてなし「すそのんまんじゅう」が配られました。

photo1

photo1


 その後、五竜の滝近くで小休憩を取り、ゴール地点を目指します。中央公園にも桜が咲いていて、吊り橋や滝と一緒に季節の風景を楽しみました。
photo1

photo1

photo1

 累計7万9000人突破!

 ゴール地点では、何名か富士山一周の完歩を達成したほか、今月は参加者累計7万9000人目の方(中山 寛満さん)がゴールしました!
photo1

photo1

photo1


 次回の第7ステージは、裾野地区から長泉町へ入り、鮎壺の滝を経由して三嶋大社を目指す約10.5キロのコースです。ご参加お待ちしています!

お役立ち情報