•  HOME
  • 第11回富士山一周ドリームウオーク 第5ステージツアーレポート
[更新日]: 2016年02月18日

第11回富士山一周ドリームウオーク 第5ステージツアーレポート

第11回富士山一周ドリームウオーク 第5ステージツアーレポート
ウォーキング川柳が好評! 時之栖を目指した第5ステージ

 1年半かけて富士山の周りを歩く「富士山一周ドリームウォーク」、第5ステージを2月6日、9日に行いました!


photo1

 今回は静岡県御殿場市にある友愛パーク原里から時之栖までを歩く約11.3キロのコースです。静岡県の須走側にある砂の地面「砂走り」に雪が積もった富士山を眺めながら、イルミネーション開催中の御殿場高原時之栖を目指しました。

photo1


第1回ウォーキング川柳の最優秀賞に選ばれたのは……?

 ウォーキング前に行った開会式では、先月から始めたウォーキング川柳の結果を発表しました。投票頂いた108名計134票の川柳からスタッフ16人が選んだのは……?

photo1


特別賞

特別賞

優秀賞

優秀賞

最優秀賞

今日も雨

やっぱり私

雨女

きっといる

仲間の中に

雨女

休むたび

トイレ行くのに

大急ぎ

富士の顔

今年は暖冬

薄化粧

川柳の

宿題出され

富士仰ぐ

田村由美子さん

大谷美恵子さん

中瀬恵子さん

菅原義一さん

大谷美恵子さん



 写真は最優秀賞に選ばれた大谷美恵子さんです。おめでとうございます!

photo1


 賞品として、最優秀賞の方には5000円分、優秀賞の方には3000円分の旅行券、特別賞の方にはフジヤマクッキーが贈られました。

厄を断ち切る「はさみ神社」

 ウォーキング川柳の表彰と準備体操が終わり、いよいよウォーキングのスタートです! 午前中は、「疾病を断ち切り邪心を摘み取る」はさみが奉納されていることで有名な神場山神社を目指して歩きます。

photo1

photo1


 毎月多くの方が楽しみにしている富士山ですが、第5ステージは両日ともに曇り空。お昼過ぎからやっと顔をのぞかせてくれました。

photo1

photo1

photo1


 厄切りはさみが有名な神場山神社は、2月上旬にテレビで紹介されたこともあり、参加者の中には「テレビで見てこの神社に来るのを楽しみにしていた」と言っている方もいました。

photo1

photo1

 最大で長さ3メートル、重さ60キロのはさみが奉納されているのを実際に見ると、別名「はさみ神社」と呼ばれるのも納得でした。

photo1

 神場山神社では、昼食が配られました。本ドリームウォークではおなじみ、天神屋さんのお弁当です。今回は2月なので恵方巻きも入っていました。

photo1

photo1


 今月のおもてなし「石窯焼きくるみあんぱん」

 午後は、御殿場高原時之栖を目指して歩きます。

photo1

photo1


 道中、駒門浅間神社の神社殿で休憩を取りつつ、約4.2キロの道のりを歩きました。

photo1

photo1

photo1

photo1

 ゴール地点では、完歩スタンプ後に今月の地元おもてなし・時之栖の手づくりパン工房で人気No.1の「石窯焼きくるみあんぱん」が配られました。つぶあんたっぷりの石窯焼きパンで、とても好評でした。

photo1

photo1


 その後、山梨・静岡以外の地域からお越しの方々は温泉に入り、イルミネーションを楽しみました。毎年11月上旬~3月上旬に行われる時之栖イルミネーションは、週末ともなれば2日間で2万人もの人が訪れ、期間中の来園者はおよそ50万人にも上るそうです。
photo1

photo1


 次回の第6ステージは、御殿場時之栖~裾野地区の約10.1キロを歩きます。ご参加お待ちしています!

お役立ち情報