•  HOME
  • 第11回富士山一周ドリームウオーク 第2ステージツアーレポート
[更新日]: 2015年09月03日

第11回富士山一周ドリームウオーク 第2ステージツアーレポート

第11回富士山一周ドリームウオーク 第2ステージツアーレポート


通算参加者7万7000人達成! 紅葉シーズンまっただ中の第2ステージ
photo1
 富士山一周ドリームウォーク、第2ステージが11月7日(土)と10日(火)に行われました! 今回は両日ともあいにくの曇り&雨空。雪化粧をまとったばかりの富士山は拝めませんでしたが、紅葉を楽しみながらのウォーキングとなりました。

第2ステージのコースは、忍野八海をスタートして山中湖の「花の都公園」で昼食後、山中湖交流プラザ「きらら」を目指す約12.3キロのコースです。


忍野八海の北極星 離れに湧き出る「出口池」
 今回のスタート地点は、第1ステージのゴール場所「忍野八海」です。前回は「お釜池」「底抜池」「銚子池」「湧池」「濁池」「鏡池」「菖蒲池」を見学し、その後解散となりました。今回はまず残り1つの池である「出口池」を目指します。


photo1
photo1

 忍野八海は、富士山の伏流水による8つの湧水から成り立つ湧泉群です。8つの池は占星術により北極星と北斗七星の形を表しているのだそう。ほか7つの池が北斗七星を表すのに対し、北極星を意味しているとされるのが出口池。場所もほか7つの池とは離れた場所にあり、最も面積が広いのが特徴です。


photo1
photo1

 周りには売店などもなく、他の池に比べて観光客の数も非常に少ないので、最も自然な姿を見られる池でもあります。ここ数年、忍野八海は訪日外国人(インバウンド)を中心に大変多くの観光客でにぎわっていますが、出口池は人が少なく、ゆっくり自然を楽しみたい人にもおすすめです。


photo1
photo1
忍野村はとにかく土地が広い!
 出口池の後は、昼食場所となる山中湖の「花の都公園」を目指します。午前中は約5キロ歩きますが、そのほとんどが忍野村の忍草地域となります。

photo1
 忍野村は農作業をしている家庭が多く、一戸当たりの耕地面積がとても広いです。歩きながら「ここは土地が広いね~」という声がたくさん聞かれました。地元山梨県から参加している方々は「地元だし1人ではわざわざ来ないけれど、皆となら歩いていて楽しいから良いね」と話していました。

photo1
photo1
国の天然記念物指定を受けた山中のハリモミ純林
 忍野村を抜けると、山中のハリモミ純林地帯に入ります。この一帯は直径50センチ~2メートル、樹高20~6メートルの高木が、ほぼ一様の発育を遂げた純林を形成していて、日本最大規模なのだそう。

photo1
 昭和初期~中期には100万本あるとされていた木々は現在約3万本まで減っていて、山中湖村と忍野村で協力して植木を進めています。

photo1
四季折々の花が咲く「花の都公園」
 ハリモミ純林地帯を越えると、「花の都公園」が見えてきました。

photo1
 5月の連休時期にはチューリップ、6月にはポピーや百日草、秋には黄花コスモスなど、四季折々の花が咲きます。天気が良ければ季節の花と富士山が一緒に見られる絶好の撮影スポットでもあります。
 入り口でお弁当が配られ、参加者の皆さんは公園の広場やベンチで昼食を楽しみました。



 花の都公園には、雨天でも楽しめる室内型フローラルドーム「ふらら」をはじめ、屋外には滝や水車、湧水池、遊具、フラワーショップなどさまざまな施設が充実しています。



 なお、雨天時には近くの駐車場に停車中のバス車内でお弁当を頂きました。

photo1
 今回のお弁当も、第1ステージと同じく季節の食材を使った幕の内。温かいお茶とともにおいしくいただきました。

photo1
標高約900メートルにある「山中湖」
 花の都公園を出発すると、目指すは富士五湖一の面積を誇る「山中湖」です。今回は山中湖の東側、スポーツ合宿施設が充実する平野地区を歩きました。

photo1
 11月7日は曇り空だったこともあり、釣り堀客は普段よりは少ない様子。一方で白鳥などの鳥が湖畔で休憩(!?)していたのが印象的でした。

photo1
photo1
photo1
 やや肌寒くなってきたころ、休憩場所の「長池・親水公園」に到着しました。ここは富士山の撮影スポットとして知られ、早朝には逆さ富士、夕方にはダイヤモンド富士を撮影しようと多くのカメラマンが集まります。


絶好のロケーションに囲まれた山中湖交流プラザ「きらら」
 休憩後は、ゴール地点の山中湖交流プラザ「きらら」に向かいます。きららは、山中湖の自然を生かした交流施設。富士山を眺めながら野外劇場「ひびき」で文化体験をしたり、各種スポーツ施設で交流したりと幅広い世代&用途で利用されています。


 途中「ママの森」の紅葉などを見ながら進み、しばらくすると到着! ゴール地点では、山中湖村からのおもてなし「コーンスープ」が提供されました。


 さらには特別にDHCさんからサプリメントもプレゼント! 疲れた体にうれしいサプライズでした。

photo1
通算参加者7万7000人目は静岡県の江本さん
 こうして第11回ドリームウォーク第2ステージも無事に終了しました。ご参加いただいた皆さまありがとうございます!

 なお11月7日(土)には、ドリームウォークの通算参加者が7万7000人を突破しました。見事7万7000人目になったのは、静岡県三島市からご参加の江本さん(写真右の女性)。おめでとうございます! 江本さんには記念品としてフジヤマクッキーなどがプレゼントされました。

photo1
 次回の第2ステージは11月7日(土)、10日(火)に、第3ステージは12月5日(土)、8日(火)に開催します! 第1ステージ参加した方も、初めての方もお申込みお待ちしております。


お役立ち情報