•  HOME
  • 第11回富士山一周ドリームウォーク 第14ステージツアーレポート
[更新日]: 2016年12月21日

第11回富士山一周ドリームウォーク 第14ステージツアーレポート

スタート 精進湖畔

 富士山の周りを歩く「第11回富士山一周ドリームウォーク」第14ステージが11/5、11/8に開催されました。
今回は精進湖から道の駅なるさわまでの約12kmを歩くコースです。
精進湖は富士五湖で一番小さい湖で、あまり開発もされておらず、手つかずの自然あふれる湖で「東洋のスイス」とも呼ばれています。
10/4は当初の雨予報から一転、青空広がる爽やかなウォーキング日和となりました。


 11/8は朝から綺麗に富士山が見えており、スタート地点に集まってきた参加者の皆さんが盛んに写真を撮っていました。


 精進湖から望む富士山は手前の大室山を抱きかかえているように見えることから「子抱き富士」と呼ばれています。
この日は風も穏やかで、うっすらと逆さ富士もみえていました。
ちょうと見どころを迎えた紅葉と富士山、美しいですね。


 開会式は、青空に紅葉した山々、綺麗な富士山と精進湖に囲まれた最高のロケーションの中で行われました。

先月のウォーキング川柳の発表
199句の中から選ばれた最優秀賞は、
横浜からご参加の、岡本太志様でした。
おめでとうございます!



 準備体操をして班ごとに出発。
いつも笑顔で手を振っていただきありがとうございます。
富士急トラベルの社員もお客様に負けないよう笑顔でお見送りさせていただいております。



 富士山を眺めながら40分ほど歩いて、1回目の休憩
今回のコースは、この後青木ヶ原樹海を歩く為、早めの休憩です。

休憩を終えて精進湖登山道から東海自然遊歩道に入ります。
案内標識には「ここから富士山五合目まで703分」と書いてありました。
703分??12時間!!
元気な方は是非チャレンジしてくださいね。


 富士山の北西に広がる広さ3000haに及ぶ広大な原生林「青木ヶ原樹海」の中を通る東海自然歩道を歩き、お昼休憩場所を目指します。



 神秘的な青木ヶ原樹海の魅力を堪能しながら、参加者の皆さんは元気よく歩いていきます。



昼食場所 富岳風穴

 樹海から出ると、そこは待望のお昼休憩場所の富岳風穴。
目にも鮮やかな紅葉の下で天神屋さんのお弁当を受け取ります。
今回のお弁当も彩り鮮やかで美味しそう。


 紅葉の下や、森の中、思い思いの場所でお弁当をいただきます。
降り積もった落葉が絨毯のようです。
お弁当を食べ終わると、風穴観光したり、森の駅風穴名物「とうもろこしソフトクリーム」を食べている方も沢山いらっしゃいました。
プチ観光ができるのもこのドリームウォークの良いところです。



 休憩が終わり、午後の部スタート。
再び樹海の中を歩きます。


 トンネルのようになった森。本当にジブリの世界のように見えませんか?
木々のトンネルの中をさっそうと歩く参加者の皆さんはとっても絵になっていました


 トンネルを抜けると、夏の大人気すぽっち「氷穴」に到着です。
今日ここではほんの少しの休憩だけで、進みます。


 氷穴から少し歩いたら目の前が開けました。
そして、ススキの向こうに大きな富士山の姿も。
山頂には4層に重なった綺麗な笠雲がかかっていました。


 富士山を正面に見ながら歩く参加者の皆さんの足取りも軽く見えます。



 県道71号線に出ると、巨大な馬の看板!
「バディ・フィールド」さん
本物の馬に乗る体験も出来るペンションです。
かわいいお馬さんを横目にウォーキング
和みますね。


 鮮やかな紅葉にも背を押され、ゴールを目指して前へ。


ゴール 道の駅なるさわ

 そして、ゴールの道の駅なるさわ。
道の駅なるさわ様から、今回のおもてなし鳴沢村名物「鳴沢まんじゅう」をいただきました。
地元出身の私は子供の頃からこの「もろこしまんじゅう」が大好きで、今でも時々買いに行きます。
昔ながらの素朴な味が何とも美味しいのです。
道の駅なるさわ様、ありがとうございました。


 今回もご参加ありがとうございました。
また来月お会いしましょう!




 次回の第15ステージは、12月3日(土)、6日(火)道の駅なるさわ~奥河口湖・足和田地区までの13.2kmを歩きます。沢山の皆さんのご参加をお待ちしています。

お役立ち情報