•  HOME
  • 第11回富士山一周ドリームウォーク 第12ステージツアーレポート
[更新日]: 2016年07月11日

第11回富士山一周ドリームウォーク 第12ステージツアーレポート

第11回富士山一周ドリームウォーク 第12ステージツアーレポート
スタート 猪之頭公園

 富士山の周りを歩く「第11回富士山一周ドリームウォーク」第12ステージが9/3、9/6に開催されました。
今回は猪之頭公園から富士本栖リゾートまでの11.6kmのコースです。集合場所の猪之頭公園に参加者の皆さんが集まって来ます。


 出発式前、先月のウォーキング川柳の投票結果発表を見る皆さん。8月は猛烈な暑さを詠んだ川柳が殆どでした。

photo1


 参加いただいた187句の川柳の中から選ばれた
最優秀賞は山梨の「小俣美智子様」。
優秀賞は山梨の「脇房江様」と秦野の「佐藤祥一様」
特別賞は秦野の「大下昌彦様」と大宮の「渡部静雄様」
おめでとうございます!


 9/6は出発式が始まると富士山が見えてきました。


皆で恒例の体操を行い、笑顔で猪之頭公園を出発




 今回も先導してくれるのは富士宮歩こう会の皆さんです。
本日のわくわくポイントの「麓の吊り橋」では係員の指示で感覚を開けて渡ります。


 真ん中辺りは揺れましたが、橋の上からの景色を楽しんでいる方も沢山いらっしゃいました。



 吊り橋を渡り、林を抜けると目の前に広大なキャンプ場が現れました。昨年、長淵剛さんがオールナイトコンサートを行ったことで有名な「ふもっとっぱらキャンプ場」です。富士山ビューポイントとしても有名で、火曜日は綺麗な富士山が見えていました。



 ふもっとぱらキャンプ場の景色を楽しみながら、10分程で休憩場所の「麓山の家」に到着。




 休憩後は東海自然遊歩道を歩き、お楽しみの昼食場所「道の駅朝霧高原」に到着。



昼食場所 道の駅朝霧高原

 天神屋さんのお弁当と、道の駅朝霧さんからおもてなしの牛乳と大福を受け取ります。



 お弁当は彩も鮮やかで食欲をそそります。


 朝霧高原名産の牛乳がおいしいと大好評でした。


 思い思いの場所でお弁当を食べ休憩する参加者の皆さん。



 道の駅では特産の野菜やお土産を買っている方も多く見受けられました。



パワーを充電し、午後も元気よく出発。



 ススキが揺れ、秋の気配漂う朝霧高原を見ながらあるきます。晴れていれば、雄大な富士山を見ることが出来ますが、今回は残念ながら両日とも雲の中でした。


 そして、静岡県と山梨県の県境。ここまでは登り坂でしたが、山梨県に入り下り坂になります。火曜日の県境付近は22℃。さすが標高977m地点です。


 県境を超えると、ゴールまであと1.5km。


 春には「富士芝桜まつり」の会場としてにぎわう本栖湖リゾートの敷地内に入り林の中を歩きます。



ゴール 本栖湖リゾート

 そして、ついにゴール!皆さん、おつかれさまでした。順番にスタンプを押してもらい、川柳を記入。来月選ばれるのはどなたか楽しみですね!







 次回の第13ステージは、10月1日(土)、4日(火)本栖湖リゾート~精進湖畔の9.5kmを歩きます。沢山の皆さんのご参加をお待ちしています。

お役立ち情報